被害者の立場を取るためのルール

 ①    まず、加害者を指名しよう。

 

・身近で、過去に好ましい関係を築いた人や、環境の中から探せ

 

・誰でも、何でもOK、探せばすぐに見つけられる

 

世の中、景気、会社、上司、パートナー、友人、親、子供、同僚、天気、∞

 

 ②    理解者や同情してくれる人を増やそう

 

・周囲にも自分自身にも十分アピールしよう

 

・加害者の不十分な所や、至らない所を探せ

 

・決して加害者の立場を理解してはならない

 

・いかに悲しいか、怒っているのか、可哀そうなのかを感情も込めて表現しよう

 

・時には涙し、引きこもり、病気にもなって見せよう

 

・明るく、軽く、生き生きしてはならない

 

 ③    自分で解決してはならない。

 

・自分で出来ることをやってはいけない

 

・原因は相手に委ね、自分の原因に気づいてはいけない

 

・決してパワフルであってはいけない

 

・幸せになるかどうかは、相手に任せよう

 

・『私は被害者の立場に慣れている』と、決して気づいてはならない

 

・自分で選択したことは忘れよう

 

 ④    加害者に近づいたり、親しくしてはならない。

 

・相手が非を認めるまでやり続けよう

 

・別の人や環境を見つけよう

 

・いつまでも憎んで、多くの時間やエネルギーを使い続けよう

 

 

 

私たちは、自分の成長の度合いに応じた人や環境と出会うようです。欲しい物が手に入らなければ、自分が相応しくなるように成長しよう。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ナツ (水曜日, 05 4月 2017 05:26)

    >私たちは、自分の成長の度合いに応じた人や環境と出会うようです。

    本当に本当にそうだと実感してます�
    人生って粋なことしますね!