被害者の立場を取るためのルール

 ①    まず、加害者を指名しよう。

 

・身近で、過去に好ましい関係を築いた人や、環境の中から探せ

 

・誰でも、何でもOK、探せばすぐに見つけられる

 

世の中、景気、会社、上司、パートナー、友人、親、子供、同僚、天気、∞

 

 ②    理解者や同情してくれる人を増やそう

 

・周囲にも自分自身にも十分アピールしよう

 

・加害者の不十分な所や、至らない所を探せ

 

・決して加害者の立場を理解してはならない

 

・いかに悲しいか、怒っているのか、可哀そうなのかを感情も込めて表現しよう

 

・時には涙し、引きこもり、病気にもなって見せよう

 

・明るく、軽く、生き生きしてはならない

 

 ③    自分で解決してはならない。

 

・自分で出来ることをやってはいけない

 

・原因は相手に委ね、自分の原因に気づいてはいけない

 

・決してパワフルであってはいけない

 

・幸せになるかどうかは、相手に任せよう

 

・『私は被害者の立場に慣れている』と、決して気づいてはならない

 

・自分で選択したことは忘れよう

 

 ④    加害者に近づいたり、親しくしてはならない。

 

・相手が非を認めるまでやり続けよう

 

・別の人や環境を見つけよう

 

・いつまでも憎んで、多くの時間やエネルギーを使い続けよう

 

 

 

私たちは、自分の成長の度合いに応じた人や環境と出会うようです。欲しい物が手に入らなければ、自分が相応しくなるように成長しよう。

 

続きを読む 1 コメント

これ以上でも、これ以下でもない

トレーナーという役割に慣れ始め、少々鼻が高くなったころのこと。

 

ある日、参加者から「トレーナーって、すべてわかっていて、すごいですね」

・・・130点の評価をもらって、気分は上々。

別の日、別の参加者から「トレーナーのくせに、たいしたことないね」

・・・70点の評価をもらって、重くて落ち込む。

 

さあ困った、どれが「私」なんだろう?

 

私のトレーナーはこう言った。

「評価は役割に付いてくるもので、どちらも、お前のものではないよ」

「役割が終わったら、学んで手放しなさい」

 

そのとき、気づいた!!

周りの評価に振り回されていることに。

そして、人の物差しで自分を計っていることに。

高い評価も、低い評価も、それは相手の物差しで計ったもの。

私は、130点でも70点でもない。

これ以上でもないし、これ以下でもない。

 

そして、決めた!!

もっと、私の物差しを大切にしよう。

「前よりも前進したか」「精一杯やったか」「満足しているか」

「嬉しいか」「ゴールに近づいたか」「出来ることを全てやったか」

「自分に正直か」「周りに与えているか」

 

両肩に乗せていた荷物がどこかへ行った。

とても、軽くて自由になった。

 

あなたは自分の物差しをどのくらい大切にしていますか?

 

続きを読む 0 コメント

理由(いいわけ)と成果

「やらない理由」や「できない理由」は沢山ある。

 

「まだ若い」「もう齢だから」「まだ準備ができていない」

「いつでもやれる」「世の中の景気が悪い」「やったことがない」

「もう何度もやった」「そんな力はない」「いそがしい」

「まだ早い」「もう遅い」「男だ」「女だ」「天気がわるい」

「気が進まない」「自分のやり方でやりたい」「人の助けは借りたくない」

「あいつは嫌い」「時間がない」「お金がない」「協力してもらえない」

 

うん、なるほど!! すべて納得できるし、正しい。

 

「やらない理由」や「できない理由」には特徴がある。

自分で探してくるから、納得しやすい、そして周りの人も納得すると信じている。

解決すると困るから、ひとつの理由が通用しなくなると、別の理由を探す。

どんなことでもやらない理由、できない理由に引っ張ってくることができる。

 

理由と成果は天秤(てんびん)に乗っている。

天秤の片方に理由が乗り、もう片方に成果が乗っている。

理由を重くすると、成果は軽くなる。成果を重くすると、理由は軽くなる。

成果を手にいれたくない人は、ず~~っと「できない理由」を探し続ける。

成果が欲しい人は、理由を手放す。

 

あなたは、いつまで理由(いいわけ)を探し続けますか?

続きを読む 0 コメント

釣りの名人

部屋の隅で悲しそうな顔をして泣いている。

落ち込んで、重い雰囲気で仕事をしている。

すねて、そっぽを向き、黙り込んでいる。

お手上げだと言いながら、困った顔をしている。

怒った顔をしながら、にらみつけている。

被害者の顔をして、同情を求めている。

 

釣り糸にエサをつけて、誰かの目の前に投げる、そして相手が引っかかるのを待つ。

気づかないまま、何十年もやり続けている、慣れたやり方。

なんて、つらくて、重くて、伝わりにくくて、迷惑なやり方なんだろう。

 

あなたは、何が起きることを、期待しているのだろう?

それは、ほかの方法では、起こせないのだろうか?

 

「協力してください」「援助してください」「かまってください」

「聞いてください」 「解ってください」 「愛してください」

「仲良くしてください」「賛成してください」「相談にのってください」

 

これなら、ストレートで伝わりやすい。

そして、なにより気持ちがいい。

続きを読む 0 コメント

支配者のあなたへ

 パートナーを、理屈と力でコントロールする!

 

子どもを、あなたの価値観に沿って、思い通りに教育する! 

 

部下を、あなたの都合がいいように、思うがままに動かす!

 

誰もが、あなたの大切な人。

大切な人が地面にひれ伏してるのは、とても気持ちがいいですか?

 

でも、あなたは気づいていない。

ひれ伏している時、大切な人がどんな顔をしているのか。

悲しい顔

怒った顔

寂しい顔

恐れて萎縮した顔

 

彼らは決して本当の顔をあなたには見せようとはしない。

 

彼らは、期待して待っているだろう。

あなたの力が弱まる日を、いつか復讐出来る日を。

そして、あなたが居なくなり、解放される日を。

 

あなたは「王様」と「奴隷」の関係を望んでいますか?

続きを読む 0 コメント